【エロマンガ】日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|第6話ネタバレ

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|前回のあらすじ

両親が買い物に出掛けると

速攻で涼音に盛り出すタケル。

 

そのまま縁側で涼音にパンツを脱がさせ、

バックでちんこをズブリと挿入した。

 

激しくバックから突かれる涼音は

狂ったように喘ぎ出す。

 

そしてヒロトは愛美にちんこをしゃぶられ、

潮を吹いてイク涼音を見ながら口内射精をした。

 

愛美は尿道に残った精子も吸い出して。。

 

▼▽無料試し読みは画像をクリック▽▼


登場人物紹介

ヒロト

今時風の中学生 主人公

涼音

ツンデレで清楚系の女子高生 ヒロトの姉

タケル

タンクトップが似合う田舎少年 性欲強め

愛美

かなりナイスバディでおっとり系 タケルの姉

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|第6話あらすじ

親が家に居るため

山奥の神社に来たヒロトたち。

 

涼音と愛美は早速パンツを下ろして

おしりを突き出した。

 

愛美:
「はい、ドーゾ♡」

涼音:
「ヒロこっち見ないでよ」

愛美:
「じゃあさっそく、、しちゃおっか♡」

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

愛美:
「お外でするのってなんか、、」
「すごく悪いことしてるみたいで興奮しちゃうね♡」
「声も、、、あんっ♡ 出したい放題やし♡」

「涼音ちゃんも、、あ♡」
「遠慮しないでもっと声出していいんやよ?」

涼音:
「ん♡ んん〜〜〜♡」

 

そしてタケルは突然ヒロトに勝負を申し込む。

 

タケル:
「なあヒロ兄 どっちが先に相手イかせられるか勝負しよーぜ」

ヒロト:
「ええ、、、? 勝負ってお前、、」

愛美:
「あはっ 面白そうやねそれ♡」

タケル:
「よぉしっ じゃあ行くぞすず姉!」

涼音:
「え!? ちょっとまって あ゛、、、」
「あ゛ぅ♡ あ゛ あ♡」

ヒロト:
「お、おいタケル!」
「そんな乱暴にするなよっ」

愛美:
「あん ヒロくんの、中でまたおっきくなってきとる♡」

タケル:
「いいんだよっ」
「すず姉はこれくらい強くされるのが好きなんだから」
「ね? すず姉」

涼音:
「そんな、、こと、、な、、、」
「あ゛♡ あ゛♡ ア゛♡ ア゛♡」

ヒロト:
(姉ちゃん、、またあんな下品な声出して、、!)
(く、、くそぉ! 僕だってあれくらい、、、!)

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

愛美:
「すぐに、、イッちゃうよぉ♡」
「やん♡ ああん♡ ひゃうん♡♡♡」

タケル:
「お!? ヒロ兄も本気だなっ 負けねーぞ、、!」

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

ヒロト:
(タケルのやつ、、姉ちゃんに命令しやがって!)
(僕のほうが年上なんだっ)
(僕のチンポのほうがすごいって見せつけてやる!)

愛美:
「きゃん♡ きゃあん♡ すごいよぉ、、」
「ウチたちお外で、、っ こんなことしちゃって、、っ」
「もう動物みたいだよぉ♡ ひあん♡♡」

ヒロト:
(うわ、、っ まな姉おまんこ、、!)
(ちんこ搾り上げるみたいに!?)

 

ドピュドピュ ドピュル

 

タケルもヒロトと同時に涼音に中出しした。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

タケル:
「くぅ、、すず姉のマンコがヒクヒクして、、、」
「気持ちよすぎる!」

愛美:
「あはは、、、♡」
「仲良く皆で一緒にイッちゃったねぇ♡」

涼音:
「あ、、、ぅ、、」

タケル:
「ちぇ〜 引き分けか〜」
「よーし、じゃあもう一回戦やろうぜ」

ヒロト:
「あ、ああ、、、!」

 

神社で何度もヤりまくった後、

親たちに怪しまれないよう昆虫採集をすることに。

 

ヒロト:
「おーーいタケル そっちカブトいたかーー」

 

ーーーしかしーーー

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

ヒロト:
(タケルのやつ、、、!)
(虫捕るまで我慢の約束なのに、、抜け駆けしやがって!)

タケル:
「すず姉もっと強くしゃぶってよ」
「早く出さないとヒロ兄たちに見つかっちゃうんだから」

涼音:
「、、、、んっ」

ヒロト:
(姉ちゃんが、、本当にタケルのチンコ咥えてるのか、、)
(しかも僕に内緒で、、、、!)

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

タケル:
「すず姉そのまま吸ってて」
「オレ腰動かすから」

ヒロト:
(タケルのやつ、、あんな乱暴に、、!)
(オナホみたいに姉ちゃんのクチ使いやがって!)

涼音:
「ん゛っ♡ ん゛っ♡ ん゛ん゛〜〜っ♡」

タケル:
「すず姉の喉の奥の柔らかいとこっ」
「チンコの先っちょあたってちょー気持ちいい!」
「でる、、、精子出すぞすず姉!」

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

ヒロト:
(射精してるのか!?)
(姉ちゃんの口の中に!?)

タケル:
「まだ出る、、すず姉、、、!」
「そのまま吸って、、、!」
「チンコの中に残った精子吸い出して!」

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

ヒロト:
(姉ちゃんが、、あんな下品な音させてチンコに吸い付くなんて、、!)

タケル:
「ふぅ、、もう良いよすず姉」
「じゃあ飲んで 一滴も吐いちゃダメだからな?」

ヒロト:
(!?!?)

涼音;
「ん、、、♡ ごくんっ」

タケル:
「あーんしてすず姉」
「よしよし、、全部飲めたな涼音♡」

ヒロト:
(姉ちゃん、、本当に精子飲んだのか、、)
(僕のは汚いって言ってたのに、、)

 

そうしている間にも

東京へ帰宅する日が迫っていた。。

 

▼▽無料試し読みは画像をクリック▽▼


日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|第6話感想

親が家にいるため

山奥の神社まで行ってセックスがしたい

という4人でした☆

 

一番性欲や体力がある学生時代に、

可愛くてキレイなお姉さんとヤれる。

 

そりゃあ何としてでも毎日ヤりたくなりますw

 

そしていつもプレイを発展させるタケル隊長が

ついに涼音にお口プレイをさせました☆

 

小さいお口でがんばってハムハムする涼音

は天使なので必見です♪

 

▼▽無料試し読みは画像をクリック▽▼